さいたまの医学部予備校に通って合格できました。

日本で一番難しい大学でもA判定

医学部 予備校 さいたま進研ゼミプラス高校講座【定期テスト・大学受験】

この学校の良かった事は、苦手強化は克服するまで徹底的に専属の講師が付いて教えてくれるところで、初めの3カ月に徹底的に苦手を克服できました。
その結果6月末の模試では、入校の時にはE判定でほとんど合格レベルに達していなかった大学も初めてC判定やD判定を取れるようになりました。
その結果が励みになって、より受験勉強に集中できるようになりましたが、友達に遊びに誘われる誘惑の夏が来ました。
1浪めは友達に誘われて息抜きを言い訳にして半分ぐらい勉強せずに遊んでましたが、この学校は全寮制で門限があって外部にはほとんど外出できなかったため、煩悩に耐えて受験勉強に専念できました。
その結果8月末の模試では、成績がグンと伸びて第一志望の大学もB判定が取れて、滑り止めの大学でA判定が取れました。
普段ならこんなにいい成績を取ったら有頂天になって、ちょっとぐらい遊んでいいかとTVゲームをやる所なんですが、全寮制でそういった娯楽製品の持ち込みを禁じられていたので、煩悩に耐えて勉強し続ける事ができました。
毎日寝て食事をして休憩する以外の時間の14時間を勉強時間にあてて、修験者のように勉強しているうちに、何故か勉強している楽しさを覚えて病みつきになって、自分から率先して睡眠時間も削って1日18時間学習するようになってました。
12月初めの模試を受けたら、ほとんどの教科で合格ラインを超えて、日本で一番難しい大学でもA判定を軽く取れるようになってました。

個別指導型の予備校が自分には向いていると思った日本で一番難しい大学でもA判定本命の国立大学と私立大学の両方とも合格できた